So-net無料ブログ作成

Ubuntu 10.04 LTS AMD64 Atok x3 をインストールする [Linux]

Ubuntu 10.04 LTS AMD64 Atok x3 をインストールする方法

基本的にUbuntu 9.10の場合と変わらないので、下記をの通り行えば問題なし。

Ubuntu 9.10(AMD64版)にAtokx3のインストール

このままだとiiim-propertiesが入らないので、設定がちょっと困る。
そこでiii-propertiesをコンパイルしてインストールする。
まず、ATOK3のフォルダの上位のフォルダに移動して、
例)
[user@host:temp]$ ls
ATOKX3 atokx3up2

ここの位置から下記のコマンドを実行していく。

[user@host:EIMIL]# sudo su

[user@host:EIMIL]# apt-get install autoconf intltool libtool libglib2.0-dev libgnomeui-dev libglade2-dev

[user@host:temp]# cd ATOKX3/src/IIIMF

[user@host:IIIMF]# tar xvf iiimf-trunk_r3104-js3.src.tar.gz

[user@host:IIIMF]# tar xvf iiimf-trunk_r3104.tar.gz

[user@host:EIMIL]# cd ATOKX3/src/IIIMF/trunk/lib/EIMIL

[user@host:EIMIL]# ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr

[user@host:EIMIL]# make

[user@host:EIMIL]# cd ../iiimp/

[user@host:iiimp]# ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr

[user@host:iiimp]# make

[user@host:iiimp]# cp libiiimp.la /usr/lib

[user@host:iiimp]# cd ../iiimcf/

[user@host:iiimcf]# ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr

[user@host:iiimcf]# make

[user@host:iiimcf]# cp libiiimcf.la /usr/lib

[user@host:iiimcf]# cd ../../program/iiim-properties/

[user@host:iiim-properties]# ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr

[user@host:iiim-properties]# make

[user@host:iiim-properties]# make install-exec

[user@host:iiim-properties]# rm /usr/lib/libiiimp.la

[user@host:iiim-properties]# rm /usr/lib/libiiimcf.la

[user@host:iiim-properties]# mv /usr/bin/iiimx-settings-init /usr/lib/iiim/

[user@host:iiim-properties]# cp client.xml /etc/iiim/

ちょっと面倒なのでスクリプトで実行してもいいかも

inst_iiim-properties.sh
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
#!/bin/bash
apt-get install autoconf intltool libtool libglib2.0-dev libgnomeui-dev libglade2-dev
cd ATOKX3/src/IIIMF
tar xvf iiimf-trunk_r3104-js3.src.tar.gz
tar xvf iiimf-trunk_r3104.tar.gz
cd trunk/lib/EIMIL
autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr
make
cd ../iiimp/
autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr
make
cp libiiimp.la /usr/lib
cd ../iiimcf/
autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr
make
cp libiiimcf.la /usr/lib
cd ../../program/iiim-properties/
autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr
make
make install-exec
rm /usr/lib/libiiimp.la
rm /usr/lib/libiiimcf.la
mv /usr/bin/iiimx-settings-init /usr/lib/iiim/
cp client.xml /etc/iiim/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
iiim-properties は,放っておくと設定ファイル ~/.gconf/desktop/input_methods/%gconf.xml が肥大化して動作が不安定になるという不具合があるので、

Screenshot-Input Method Preference Editor.jpgJapaneseが延々と増える。調べてみるとiiim-propertiesが呼ばれる毎に2倍増えるので、N回実行したら2のN乗増えることになる。

一端%gconf.confを削除して、
[user@host:iiim-properties]# rm ~/.gconf/desktop/input_methods/%gconf.xml

一度iiim-propertiesを起動してすぐに終了する
[user@host:iiim-properties]# iiim-properties

すると新しく%gconf.confができていると思うので、このフォルダごと書き込み禁止にする。
[user@host:iiim-properties]# chmod 0500 ~/.gconf/desktop/input_methods -R

これでとりあえずはOK。でも実はiiim-propertiesで設定した内容が反映されないようなので、
設定は/etc/iiim/client.xmlを直接編集する必要があるようだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。